News


・ (2020.12.10)
    B4の渥美君、横尾君が12月10日~13日に行われたThe 2020 International Conference on Advanced Mechatronic Systems (ICAMEchS 2020)にて研究成果の発表を行いました。また、渥美君がBest Student Paperを受賞しました。おめでとうございます!
    (1)M.Atsumi,T.Morioka,S.Kawano,L.Meng "Deep Learning Based Ancient Asian Character Recognition",ICAMEchS 2020
    (2)K.Yokoo,M.Atsumi,K.Tanaka,H.Wang,L.Meng "Deep Learning Based Emotion Recognition IoT System",ICAMEchS 2020

・(2020.11.14)
    B4の横尾君、森岡君が11月14日、15日に行われた電気関係学会関西連合大会にて研究成果の発表を行いました。
    (1)横尾,渥美,孟,"Healthcare systemのための小型デバイスでの入出者識別の実現,"
    (2)森岡,河野,孟,"深層学習を用いた甲骨文字認識システムの構築,"

・ (2020.09.30)
    深層学習研究をよりよく進めるために学生同士協力し合い、パーツからGPUの組み立てを行いました。現在、研究室でのGPUの保有台数は、8台に達成し、10月中に11台までに増やす予定です。

・ (2020.08.22),(2020.09.1)
    ・B4の渥美君、飯沼君の論文は、FIT2020 第19回情報科学技術フォーラムでオンライン発表が行いました。本論文は、アメリカのUniversity of Georgia(UGA)との共同研究です。

    (1)M.ATSUMI, M.INUMA, W.WANG and L.MENG, "A Comprehensive Analysis of Low-Impact Conputations in Deep Learning Applications," FIT2020.

    ・令和2年電気関係学会関西連合大会へ2本論文を投稿しました。
    (1)横尾,渥美,孟,"Healthcare systemのための小型デバイスでの入室者識別の実現," 関西連合大会
    (2)森岡,河野,孟林,"深層学習を用いた甲骨字認識システムの構築," 関西連合大会
    *それにより、一期生の大学院学内進学組は、全員国内会議での論文投稿を実現しました。

・ (2020.02.22)
    文部科学省 国際共同利用・共同研究拠点 「日本文化資源デジタル・アーカイブ国際共同研究拠点」・ 研究拠点形成支援プログラム研究プロジェクト/2019年度成果発表 会が衣笠キャンパス・アートリサーチセンタで開催した。孟は、研究報告を行いました。本会議はインタネットネット生中継です。

    報告会議プログラム .


・ (2020.01.29)
    本研究室のResearch Fellowである Aravinda C V 教授と学生であるAmar Prabhu G (NMAM Institute of Technology NITTE, INDIA)を招へいし、本研究室での短期共同研究を行います。         
    2/4 歓迎会の様子です。

・ (2020.01.29)
    甲骨文字認識APIをリリースされました。検出と認識の両方の機能をそろえています。現時点で、対応できる甲骨字の数が多くないので、不定期に更新します。

    APIのURL .


・人文とコンピュータシンポジウム2019 (2019.12.14)
    2019.12.14(金)、立命館大学大阪いばらきキャンパスで、人文とコンピュータシンポジウム2019を開催しました。参加者は174人に達成し、文理融合の盛会となりました。
    研究室から2件の論文を採録さ、みんな素晴らしかったです。大学院の中間発表会とかされ、30分間のOral Presentationと2時間のposter presentation、発表者のみなさん、 大変お疲れ様でした!
    人文とコンピュータシンポジウム2020は、つくば大学で開催する予定です。
  1. Zhiyu Zhang, Hiroyuki Tomiyama, Lin Meng, "Combining Deep Learning and Lexical Analysis method for Rubbing Character Recognition",
  2. 呂氷, 冨山宏之, 孟林, "ARU-NetとLeNetを用いた日本古典籍の自動解読",

・安陽師範学院・ 甲骨文信息処理(教育部重点)実験室の先生らは訪問しに来ました (2019.12.10)
    2019.12.10(火)安陽師範学院・ 甲骨文信息処理(教育部重点)研究室の劉学部長をはじめ、6名の先生が研究室に訪問しました。 それぞれの研究発表を行い、有意義な研究交流を行いました。 また、 甲骨文信息処理(教育部重点)研究室から、出版された3冊の本を寄贈された。

・Prof. YunChuan Sunが研究室で講演を行いました! (2019.11.29)
    2019.11.29(金)、北京師範大学のYunChuan Sun教授が研究室を訪問し、講演を行いました。
    講演:“Event-object Linked network and its application in Finace”
    Sun 教授は、IoT, Semantic Link Network, Big Data, Knowledge Representation, Information Security, and Business Models for the Internet of Thingsなどを幅広い研究分野で活躍していらっしゃいます。

・卒業生が戻ってきた! (2019.11.23)
    2019.11.23(土)卒業生三人(藤川さん@16年院卒、岩見さん@16年院卒、古川さん@17年院卒)が戻ってきました。
    ちょっと次の日は、●●さんの誕生日なので、ミニ誕生日パーティーも行いました。
    みんな元気で、よかったです。また、戻ることを楽しみにしています。
・ Zhongyuan University of Technology (中原工学院・鄭州)での招待講演を行いました (2019.10.26)
    2019.11.9(土) Zhongyuan University of Technology (中原工学院・鄭州)の電子情報学部で招待講演を行いました.

    会場の報道(中国語) .

・CCF全国文字与計算機研討論会での招待講演を行いました (2019.10.26)
    2019.10.26(土) 中国華中師範大学・国家数字化学習工程技術研究中心(National Engineering Research Center for E-Learning)で 開催されたCCF全国文字与計算機研討論会での招待講演を行いました。

    会場の報道(中国語) .


・IEEE Kansai Section Student Branch English Presentation Competition (2019.10.11)
  1. Zhiyu Zhang,"Deep Learning and Lexical Analysis Combined Rubbing Character Recognition , Best Awards.
  2. Bing Lyu, Deep Learning based Early Japanese Books Understanding , Excellent Awards.

Int. Workshop on Pattern Recognition for Cultural Heritage (PatReCH 2019), in conjunction with ICIAP 2019 @ torento University, Italy (2019.8)
  1. L. Meng, B. Lyu, Z. Zhang, C. V. Aravinda, N. Kamitoku and K. Yamazaki, "Oracle Bone Inscription Detector Based on SSD",

the International Conference on Artificial Intelligence and Data Engineering (AIDE-2019), May 2019. (In Nitte, Karnataka, India)
  1. X. Kong, L. Meng and H. Tomiyama, " A Neck-floor Distance Analysis Based Fall Detection System Using Deep Camera," Best Awards.
  2. Z. Meng, X. Kong, L. Meng and H. Tomiyama, " Stereo Vision based Depth Estimation,"
  3. T. Egashira, K. Sakamoto, K. Yonehashi, L. Meng, I. Taniguchi and H. Tomiyama, "A Home Security Camera System based on Cloud and SNS,"

2019.4.1本研究室発足

1. (2019.4.17) We are organizing a Special Issue "Computing and Networking in Internet-of-Things and Cyber-Physical Systems" Sensors Journal .

2. (2019.5.24) Yuxi Chen and Xiangbo Kong, The Belt and Road Communication Award, The Tenth China Students Service Outsourcing Innovation and Entrepreneurship Competition, Wuxi, Jiangsu, China, May 24, 2019.

3. (2019.7.31) Meng will have a presetation in ARC Days 2019 at ART Research center. ARC Days 2019 .

4. (2019.9.23) Meng will have a presetation in 紫翠会第941回例会(関西電力) 紫翠会第941回例会

IEE Workshop (2019.2.27)

IEE workshop will be held in BKC, Ritsumeikan University in 2nd, March, 2019. Four research papers are presented by our group. IEE workshop homepage

The 288th IEEJ workshop (2019.2.27)

The 288th IEEJ workshop will be held in Tokkushima University during 1st-2nd, March, 2019. Three research papers are presented by our group. IEEJ workshop homepage

AIDE-2019 (2019.2.27)

Artificial Intelligence and Data Engineering 2019 will be held in N.M.A.M Institute Of Technology, Nitte, Karnataka, INDIA. The conference is in collaboration with College of Science and Engineering, Ritsumeikan University and Department of Studies in Computer Science, University of Mysore, Mysuru, INDIA. Several papers will be submitted in our group. AIDE-2019 workshop homepage